色んなヘンなモノたちです


by fotonica

つげ細工のヌード耳かき


温泉街の土産物屋でたまに見かけるかわい子ちゃん。

b0179511_18422115.jpeg

ポーズ違いで2種類ありますが、うちにやって来たのはこのかわい子ちゃん。

b0179511_18443988.jpeg

超ボインちゃん。
b0179511_18445019.jpeg

しかしまぁ、耳かきとしては非常に使い勝手の悪いかわい子ちゃんなのでありました。



[PR]
# by foto-nica | 2016-07-11 18:39 | 民芸 | Comments(0)

水笛のんき


郷土玩具の水笛のんき。

b0179511_18352215.jpeg

こういうモノに惹かれてしまうのです。

b0179511_18360277.jpeg
これ、ひとつずつ手作りなので微妙に表情が違うんです。沢山ある中からじっくり選ぶから愛着も湧くんです。

b0179511_18383678.jpeg


[PR]
# by foto-nica | 2016-07-11 18:34 | 民芸 | Comments(0)

おばけの金太


おばけの金太です。

b0179511_14003706.jpeg

b0179511_14004675.jpeg

熊本県の郷土玩具、伝統工芸品です。
b0179511_14005750.jpeg


真赤っかなお顔。
b0179511_14013839.jpeg

b0179511_14020567.jpeg
うなじの紐を引っ張ると、、、


でろ〜ん

b0179511_14023961.jpeg

ただそんだけなんですけどね、、、味わい深いのです。







[PR]
# by foto-nica | 2016-07-11 14:00 | 民芸 | Comments(0)

おやつカステラ


文明堂のおやつカステラです。

b0179511_12413455.jpeg

2015年3月3日に発売されました。

文明堂のクマさんキャラが商品に使われたのは初めての事だそうです。

日本橋の本店で買ったのですが、袋もまた良いのです。

b0179511_10153320.jpg

パッケージは文句のつけようのないかわいさ。
b0179511_12434384.jpeg


b0179511_12441957.jpeg

カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂♪

b0179511_12454298.jpeg

なかなかデザイン的にも優秀だと思います。

パッケージを開けると、、、

b0179511_12464124.jpeg

こんな丁寧に厚紙で囲われています。2つにカットされたカステラ、、恋人とひとつひとつ分け合うのも良し。独り占めするも良し。

なんで今までこんな小分けされたカステラが無かったのか、、いつも食べたいと思いつつ一本買う勇気がなかった。


気軽にがぶり。

b0179511_12494695.jpeg

おいしいおいしい♪


b0179511_12503885.jpeg

川崎のハロウィンパレードてこのクマさんに扮した5人組を見ましたが、とてもステキなセンスだなぁと感心したのは昨年の想い出。








[PR]
# by foto-nica | 2016-04-14 12:40 | たべもの | Comments(0)

ゆで卵器の歴史



じゃじゃじゃん

b0179511_11255331.jpeg

1976年製 東芝 ゆで卵器 BC-320型 であります。

昔々、実家で使っていたんですが、本当ゆで卵を茹でさせたらこれの右に出るものは無いと断言できます(笑)

ずっと探していたのですが、意外なところでデッドストック品を発見♪ しかも1000円ぽっきり!

少量の水を入れてこんな風に卵をならべます。実際には一度に卵5つまで茹でられます。

b0179511_11300922.jpeg


あとはスイッチ入れて待つだけであります。

b0179511_11344498.jpeg

茹で加減は水の量で調節できます。入れた水が蒸発したらスイッチが切れるという原始的だけど理に叶ったシステム。


スイッチの切れる瞬間動画、、、



コレを撮影するのにどれだけ苦労したことか、、、(笑)


b0179511_11461138.jpeg

蒸発するのに時間がかかるので水が多いほど固茹で、少ないと半熟になります。

取扱説明書も状態良くあります。

b0179511_11471610.jpeg

b0179511_11475808.jpeg

箱がかわいい。
b0179511_11482345.jpeg
ちょっと思ったんですが、肉まん1個とかも蒸かせそう♪

b0179511_11484503.jpeg



この頃はまだ東京芝浦電気株式会社という社名だったんですね。

b0179511_11554420.jpeg

のちに株式会社東芝に社名変更されたのは1984年との事です。


やっぱりニッポン製は良いなぁ。



***********************************************************************************
追記

この東芝のゆで卵器について調べてみました。

元祖はこちらです。


b0179511_11291747.jpg
b0179511_11292087.jpg
東芝未来科学館より出典

BC-301型 昭和35年に発売されました。ボイルクッカーなんて名前だったんですね、、同じ英語ならエッグボイラーとかエッグクッカーに何故しなかったのか、、、因みに1964年公開の「モスラ対ゴジラ」のワンシーンにこのBC-301型が登場します。


その後昭和40年代に入りマイナーチェンジをしました。
b0179511_17203758.jpeg
blog 天気管 より出典

BC-310型 頭が角張りましたね、、個人的には初期型の丸い感じが好きです。



そしてこの次が今回手に入れたゆで卵器BC-20型へと進化を遂げるのです。

b0179511_17362791.jpg




更に1980年代に入りプラスチックが使われはじめました。

b0179511_17205137.jpg
BC-351型 ずばり80年代というデザインです。



次はいつ発売されたか分かりませんが1998年にグッドデザイン賞を受賞しました。
b0179511_17205552.jpg

BC-346型 時代は平成。一番大きな変更はタイマー式スイッチになり、取手が付きました。個人的には当たり障りのない面白くないデザインになっちゃった。



そして最終形がこちらのプロダクトになります。

b0179511_17205864.jpg


BC-353型 昭和35年から作られ続けてきた東芝のゆで卵器は平成13年をもって生産終了となったようです。色や形は変われど基本的に同じ構造で41年にわたり製造されてきたんですね。


たかがゆで卵器にも歴史ありです。





[PR]
# by foto-nica | 2016-04-07 11:24 | 昭和家電 | Comments(2)